電話会議やWEB会議を活用|ネット時代の新技術を大公開

ウーマン

WEBで会議を行う

女性

遠隔コミニュケーションツールの中でも、より踏み込んだ内容を話し合うことが出来ると考えられているのがWEB会議です。WEB会議の特徴として挙げられるのが、パソコンのデスクトップ画面にお互いの顔が表示されるという点です。電話で会話するだけでは見えることが出来ない相手の表情やしぐさなどを観察しながら話し合いを進めていきたいと考えているのであれば、WEB会議を導入するとよいでしょう。また、WEB会議は会議に必要な資料をパソコンの画面上に表示することが出来ますので、手軽に情報を共有することが出来ます。実際に会議を行う際には、会議に参加する人数の分だけ資料を印刷してホッチキスなどで綴る必要があります。会議に参加する人数が多ければ多いほど準備の負担は大きくなってしまい、紙やインクなどのコストもかかってしまいます。WEB会議を導入すれば、このような資料を準備する手間やコストを削減できますので、業務効率化と経費削減を同時に実現できます。
WEB会議を導入しようと考えているのであれば、より性能が高いものを見つけてチョイスするようにしましょう。会議を円滑に進めるために最も重要になるのが音声の品質で、中には音声が遅れてしまうものや音飛びをしてしまうものなどもあります。WEB会議を導入する際には音声品質についてしっかり検証したうえで、満足の性能を発揮しているものだけを選びましょう。また、会議に参加する人数が多い時にはエコーキャンセルの機能がついているマイクを選ぶとより音声がクリアになります。